月別アーカイブ: 2017年3月

面接で馬鹿にされる?

60代でデリヘルの面接に行って馬鹿にされないかと心配に思う人は少なくないでしょう。実際60代でデリヘル嬢をしているという人は少ないですが、いないというわけではありません。ではどういう60代の女性がデリヘル店で働いているでしょうか。

多くの場合は若いころにデリヘルやソープなどの風俗嬢をしています。そういう方は辞めたり復帰したりを繰り返しているケースが多いです。そのため店側も勝手を知っている女性なので採用します。

ごく稀に全く風俗経験がないのに60代でデリヘルの世界に入ろうとする人もいます。そういった女性に対しては雇う側も慎重になります。一番怖いのは雇って自分の店の評判を落とすことです。しかし面接をして自分の店で働けると判断した場合は素人であろうと採用します。

最後になりますが60代でしかも初めてのデリヘル嬢になろうとしている人の面接について紹介します。採用される、されないについてはお店次第というところですが決して馬鹿にした態度をとるということはありません。ロリ系のデリヘル店やコスプレを多用したデリヘル店に面接に行くのであれば痛い目を見るかもしれませんが人妻・熟女専門店に60代の方が来てもちゃんと対応してくれます。もし、60代でデリヘル嬢になりたいというのであれば思い切って応募してみてください。

60代でも稼げる?

60代まで来ると自分がデリヘル嬢をやれるかどうか不安に思う人は多いでしょう。しかし女性が思っている以上に男性が求める女性の年齢の幅は広いものです。50代60代でもデリヘルで遊ぶ男性は少なくありません。そういった人たちからしてみて60代の女性というのはちょっと年上、もしくは同年代に当たります。若い子が好きな男性が多いのは事実ですが、会話がかみ合うような同年代の女性を求める男性も多いので稼げると言って間違いないでしょう。

さらに、あまり言い方はよくありませんがマニアック趣向の男性も多いです。20代の男性が自分の母親、もしくはそれ以上の女性を求めるというケースもあります。そのため「ママ」と言って甘えてくるものすごい年下の男性からの指名を受けることもあります。そんな若い男性から求められるというのを想像してみて下さい。自分に自信が持て仕事をするのが楽しくなることでしょう。

60代だからと言って男性から全く相手にされないということはないのです。自分の持っている武器を駆使して男性を魅了していけばリピーターができ充実したデリヘルライフを送ることができます。一番重要なのは年齢関係なく相手を満足させられるかどうかです。

関連〔熟女家十三店・風俗求人〕
60代の女性も働くことができる風俗店です。

いくつまでが熟女?

各地に人妻・熟女系のデリヘル店があることから、彼女らに需要があることは証明されています。しかし、一体いくつからいくつまでが熟女なんだという線引きは実際にはありません。

まずいくつから熟女なのかということですがこれは店によると言えます。20代後半から熟女としている店もあれば30代半ばくらいから熟女としている店もあります。見た目で若ければ熟女としないケースもありますし、明らかに熟女という風貌ではないにもかかわらず熟女としているケースもあります。言ってみれば店の裁量にゆだねられているというのが正しいでしょう。

ではいくつまでが熟女なのかということですが働けるまでというのが正しいのではないでしょうか。デリヘルの求人で「50歳までただし年齢が超えていても50歳までに見える場合は要相談の上採用いたします」などの但し書きがあることがあります。つまり店が採用した時点で働ける、もしくはお客に紹介できるということです。そして60歳、70歳で働けたとしてもそれは人妻・熟女店などの特殊なデリヘル店のはずなので必然的に熟女と組み込まれます。60歳代以上になってくるとなかなかデリヘル店ではお目にかかれませんが存在するのは事実です。

風俗嬢の限界について

風俗嬢と言ったら身体を使う仕事。さらには男性客を性サービスで満足させなければいけません。そのため若い子にしか務まらないのではないかと思う人は多いでしょう。しかし女性が思っている以上に熟女は女性が思っている以上に男性から人気があります。特に人妻・熟女専門のデリヘル店は至る所にあり数多くの人妻・熟女の方が男性から指名を受け性サービスで男性の性欲を満たしています。女性は年齢を重ねるにつれ自分には魅力がないと思う方も増えてくると思いますがそんなところに魅力を感じてくれる男性も少なくないのです。

風俗に来る男性はもちろん性サービスを求めている人が多いのですが、それだけでは満足しない男性は意外と多いです。心も体も満たされて初めて満足するといった方がいいでしょう。そうなった時に男性が求めるのが癒しです。年下に甘えるということもできますが年上に甘えたい欲望がある人が多いです。極端な話、自分の母親くらいの年齢の女性に甘えたいという男性もいます。

若い子には若い子なりの男性の喜ばせ方がありますが熟女には熟女なりの男性の喜ばせ方があるのです。容姿やスタイルで劣るかもしれませんが技と癒しで魅了することができます。

上記に挙げた通り人妻・熟女店が各地に乱立しているのは必然と言えることがお分かりになられたでしょうか。ここではさらに掘り下げて、ではいくつくらいの女性までだったら需要があるのか、高齢の自分でも風俗嬢が務まるのかと言ったことに対して紹介したいと思います。